HOME>アーカイブ>健康的な歯を守るだけではない携わりもウリ

美容に着目

男女

蘇我の歯医者さんは、子ども達の成長期にしっかりブラッシング指導を行ったり、学校に赴き歯科検診であったり、歯の健康週間(月間)にイベントを開催しています。そのような中、成人からは健康はもちろん、美容の内容で注目されています。永久歯というのは、一度抜けたら二度と生えてきませんし、再生しないという点では特殊な組織といわれています。「笑顔が似合う」そうした相談も蘇我の歯医者さんに寄せられるそうです。特に、歯の中心にあり、一番目立つ前歯が欠けてしまえば気になってしまい、口角だけをあげる「つくり笑顔」になりがちです。社会人にとって信頼関係を築くには笑顔は必須、また、前歯がなかったり位置が悪かったりすると、息が漏れて発音がうまくできなくなるそうです。見た目の改善(美的)で社交的になれる、そうした美容治療にも力を入れてくれます。

手術までをサポート

虫歯の治療など、痛みが現れてから歯医者さんを利用することが一般的に多いようです。しかし、蘇我では見た目であったり、上下の歯の正しい位置のズレによる矯正歯科としても利用されています。もちろん、歯並びが原因ではなく、骨格的なズレ、アゴの機能障害を伴うものなのかを検査してくれるので、受け口や面長というコンプレックス改善にも利用されています。外科的手術を施すための医療機器の問題も含め、治療が困難であっても、手術に至るまでの検査まではしっかり携わり、適したクリニックに紹介状も書いてくれる良心的な歯医者さんばかりです。

相談役になる

蘇我の歯医者さんは、歯の治療だけを専門とはしていません。他に活用法があるとすれば、女性の憧れとなる欧米人(ハーフ顔)の横顔をつくることにもあります。彫りの深い顔に憧れるようで、矯正治療の審美的な判断基準となる「Eライン」をつくりたいようです。美容整形をしたほうがいいのか、こうした相談役にもなってくれるのは、地域に根付いた歯医者さんならではです。横顔美人への憧れを否定せず、噛み合わせにはリスクが少ない顔立ちである、そうした現在の顔立ちのメリットをあげてくれます。むやみやたらにキズつけない、お金をかけない、こうした良心的な活用法もあります。

広告募集中